Hassan Jameel

hj

ハッサン・ジャミール略歴

ハッサン・モハメッド・ジャミールは、サウジアラビアのアブドゥル・ラティフ・ジャミールの社長代理兼副会長です。アブドゥル・ラティフ・ジャミールは1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミール氏によって創立された国際的且つ多角的にビジネスを展開しているファミ リー企業です。

ハッサンはサウジアラビアのアブドゥル・ラティフ・ジャミールの国内事業を率いており、自動車、土地・不動産、産業機械といった事業を担当しています。

ハッサン・ジャミールはまた、雇用創出、貧困撲滅、水と食糧の確保といった広範囲なイニシアチブを通じて中東内外の社会的・経済的持続可能性に取り組んでいるコミュニティ・ジャミール・サウジアラビアの代表もしています。コミュニティ・ジャミールはグローバルな課題に取り組む多くのプログラムでのマサチューセッツ工科大学のパートナーでもあります。ハッサンは特に、サウジアラビアにおける教育と啓蒙活動を通じて安全運転を促進することを目的としたコミュニティ・ジャミールの道路安全イニシアチブに深く関わっています。さらに、国連難民高等弁務官事務所とのプログラムなど、彼は多くの人道的活動にも従事しています。

現職の前は、ハッサン・ジャミールは日本のトヨタ自動車で働いていました。ハッサンは東京大学グローバル・アドバイザリー・ボードのメンバーであり、湾岸諸国のファミリー・ビジネスの成長と発展をサポートするファミリービジネス・カウンシル・湾岸のメンバーでもあります。

ハッサンは東京にある上智大学で国際経済の学士を取得し、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得しています。彼は英語、アラビア語、日本語に精通しています。

ニュース&アップデート